認知症は予防できる|あきらめる前にトライしよう

健康には必須です

栄養補助食品

DHAはドコサヘキサエン酸の略称で、不飽和脂肪酸の一つです。魚に多く含まれますが、食の欧米化で日本人の摂取量も減少傾向にあります。DHAは中性脂肪を減らして血流を良くするとともに、脳を活性化させる働きも期待されています。有効に摂取するために、魚のレシピを増やしたりサプリメントを摂取したりしましょう。

More Detail

インスリンの作用を補う

足元

糖尿病の症状改善には、血糖値を下げる成分でありインスリンの働きを助ける亜鉛やマンガン、クロム、サポニンなどのサプリメントを摂取すると良いと言われています。作用を妨げないように、薬との飲み合わせには気を付けるようにします。

More Detail

体質改善が鍵です

錠剤

冷え症は女性に多い症状であり、さまざまな対策をして体質を改善する必要があります。最近では唐辛子や生姜のエキスを使用したサプリメントが冷え症対策用として販売されています。体質や体調に合わせて上手に取り入れることをおすすめします。

More Detail

女性らしさを保つために

笑顔の女の人

効果が実感できる

女性ホルモンは、加齢、ストレス、ダイエット、睡眠不足、栄養バランスの乱れなどが原因で少なくなっていきます。40代になって女性ホルモンが減るのは仕方がないことです。しかし、対策をすれば増やせます。生理周期の乱れを感じたら、すぐに女性ホルモンを増やす方法を実践する事が大切です。簡単に女性ホルモンを増やす方法にサプリメントがあります。大豆イソフラボンのサプリメントは、女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きを持っています。飲むだけで女性ホルモンの減少分を補えます。プラセンタのサプリメントも、女性ホルモンを増やす方法としてお勧めです。プラセンタは美容サプリとしても優秀な効果があるので、飲んでおけば良い効果を沢山得られます

健康的な生活を続けるコツ

最近は20代から30代で女性ホルモンが減少する女性が急増しているそうです。20代から30代というのは、人生の中で最も女性ホルモンの分泌量が多い時期です。この時期に女性ホルモンが少なくなると、不妊症になったり、早めに閉経がきたりするリスクが高くなります。そうならないように、気が付いたときに早めに女性ホルモンを増やす方法を試すことが大切です。先ほども言った大豆イソフラボンやプラセンタのサプリでエストロゲンの働きをサポートすることも重要です。それに加えて、普段の生活を見直すことも大切です。ダイエットを控えて、睡眠をしっかりとり、適度に運動をするなど、健康的な生活を続ける事で女性ホルモンを正常な値に戻すことができます。

未然に防げる

現代では高齢化が進み、60代以上のシニア世代が多くいます。それに伴い、認知症を発症するお年寄りが後を絶ちません。認知症が進行してしまうと、記憶や学習能力の低下、人格崩壊になり、本人や家族にとっても悲しいことでしょう。しかし、予防を行なっていれば事前に防ぐことも可能ですのでトライしてみるべきです。薬に頼らない方法としては、料理をしたり、コミュニケーションを取ったりすることが予防に役立つといわれています。また、軽い運動や脳トレなどのゲームをすることで認知症を防ぐことができるので、試してみるといいでしょう。